実際に待ち合わせ場所で会う

条件や待ち合わせの場所を決めるメールのやりとりが終わったら、実際に会うことになります。実際に会う際には、いくつか注意しないといけない点があります。

年齢確認は絶対にする

18歳未満との援助交際は「児童買春罪」になります。未成年だとは知らなかったでは済まされず、発覚したら重い罪になります。18歳以上との援交は、法律上禁止されていますが罰則はありません。捕まることはないということです。

出会い系サイトの掲示板でなどで相手を見つけた場合は、そもそも出会い系サイトは年齢を証明しないと利用できないため、それほど心配はいりません。しかし、それでも18歳未満が紛れている可能性があるので、必ず年齢を確認するようにしましょう。

個人情報のため、免許証や学生証などを見せたがらない女性もいます。しかし、捕まるのは男性なのです。必ず確認をしましょう。また、あらかじめ「会った時に年齢確認させてね」とメールしておくといいでしょう。

援交トラブルを避けるために

援助交際というものは、見知らぬ男女が密室で時間を過ごすものです。いろいろなトラブルが考えられます。トラブルを避けるために、最低限必要なことは以下の通りです。

まず、盗まれて困るものは持って行かないこと。クレジットカードや個人情報である免許証や保険証などは持って行かない方がいいでしょう。持ち逃げを防ぐためと、万が一美人局などにあった時に被害を最小限に防ぐためです。

基本的には、行為をする前にお金を払います。その後にシャワーを浴びると、そこで持ち逃げされることもあります。シャワーを浴びてから実際に行為をする直前にお金を払うか、または一緒にシャワーを浴びるほうがいいでしょう。

また、シャワーを浴びる時は必ず貴重品に注意をしてください。シャワー室に貴重品を持ち込んだほうがいいでしょう。そして、必要以上の金額は持って行かないことです。

※援助交際をすすめるわけではありません。また、助長することが目的でもありません。援助交際は違法です。