18歳未満との援助交際はリスク大

前にも書きましたが、18歳以上との援交が法律的に実質おとがめなしなのに対し、18歳未満との援交は児童売春罪という、非常に重い罪になります。

「バレなければ大丈夫」「バレるわけない」と思う人も多いかもしれませんが、ところが結構バレてしまうのです。では、どのようにして援助交際は発覚してしまうのでしょうか?

別件で児童が捕まってしまうパターン

一番よくあるケースがこれです。援交をしているような女の子は様々な問題を起こすことが多く、別件で補導されてしまうケースです。

深夜の街を歩き回ったり、飲酒や喫煙をしたり、薬物に手を染めてしまったりして警察に補導され、その際に携帯電話やスマートフォンに残っている電話番号やメールアドレスから援助交際がばれてしまうのです。時には2年・3年前の援助交際がばれてしまうコトもあります。

また、18歳未満でありながら、援交を仕事のようにする少女もいます。その様な少女は毎日のように援交をするため、トラブルに遭う可能性も高くなります。援交相手とトラブルになり、それが事件になり、その際に携帯の履歴を調べられてバレるというケースも多いのです。

少女の親や友人から発覚するパターン

身近にいる親や友人が、「なにかおかしい」と気づくケースです。お小遣いをそれほどあげていないのに高価な服を着ていたり、バイトをしているわけでもないのにいつも高いバッグを身につけていたり。

不審に思った親が少女の携帯電話などをチェックし、援助交際をしている事実を知ってしまい、警察に届け出る場合もあるのです。そして、その際に携帯に残されているメールのやりとりで、援交がばれ、御用となってしまうのです。

援助交際は、現行犯でなくても逮捕されます。決して軽い気持ちしないようにしてください。18歳未満の女の子と援交して捕まってしまったら、人生が大きく狂ってしまうことを決して忘れないように。