援助交際のリスクと対処法

援助交際は、見知らぬ男女が密室で出会うものです。当然ですがそこにはリスクがあります。援交に関するリスクと、その対処法について考えてみましょう。

児童売春罪で捕まるリスク

とにかく、援交で一番怖いのがこれです。18歳未満の「児童」との援助交際は児童売春罪になります。男性の中には、犯罪であると知った上で未成年との援交をする人もいますが、ほとんどの人は18歳未満と知らずに援交をして捕まってしまうのです。

残念ながら、多くの場合、児童とは知らなかったでは済みません。過失がない場合、つまり、「免許証で年齢を確認したのに偽造の免許証を持っていた」くらいのことがない限り有罪になってしまうのです。

児童との援助交際で捕まった場合、家庭が崩壊したり会社をクビになるなどの社会的な制裁も受けることになります。人生が大きく狂ってしまうのです。

とにかく、絶対に年齢確認をすること。それから、未成年でも使えるSNSやLINEなどで援助交際のやりとりをしないことがその対処法です。現在は、出会い系サイトは18歳未満の利用はできません。中には証明書を偽造するなどして未成年が紛れている可能性はありますが、それでも未成年が自由に使えるSNSよりずっと安全です。

持ち逃げや盗難のリスク

援助交際では、男性は持ち逃げされることを警戒し、女性はヤリ逃げされることを警戒します。持ち逃げされないために後払いにしたくても、女性はヤリ逃げを恐れて前払いしてくれといってくるのが普通です。

持ち逃げされないようにするには、間をとってシャワーの後、行為の前にお金を渡すくらいがいいでしょう。裸や下着姿でベッドに入った後です。

また、シャワーを浴びている間にお金などの貴重品を盗難されるリスクもあります。これを防ぐには、貴重品は肌身離さないことです。シャワーを浴びるときはシャワールームまで持って行きましょう。または、一緒にシャワーを浴びるのもいいです。

持ち逃げにも盗難にも共通していえるのは、余計なお金などは持っていかないことです。必要最低限のお金だけ持ち、クレジットカードなどは持って行かないこと。個人を特定されるような免許証なども持って行かないようにしましょう。

美人局のリスク

めったにありませんが、もしあるとなかなか手強く、やっかいなのが美人局です。行為の途中や終わった後に女性の関係者(夫や恋人、友人など)が現れ、女性を犯したと因縁をつける犯罪です。

美人局に関しては別のページで詳しく解説しますが、18歳以上との援助交際での美人局はこちらには落ち度はありません。一方、相手が18歳未満の場合は非常にやっかいです。児童売春をネタに恐喝されると警察に駆け込むわけにもいかず、お金を払うしかないこともあります。

美人局にあわないためにはまず、ホテルを指定された場合はそのホテルに行かないこと。そして被害を小さくするためには、必要以上のお金を持っていかないこと、身分証などは持って行かないこと。そしてなにより、18歳未満とは絶対に援交をしないことです。